TransformのTranslateに制限をかけてリグに使用する!!




リグで、こんなコントローラーを見たことございますか!?フェイシャルのコントローラーとかで観たことがあるかなっと思います。

このコントローラーはスライダーになっていて、水色のコントローラーを上下に動かすと表情が変化したりするのによく使われていると思います!でも、これを見よう見まねで作っても、、、

スライダーの枠から飛び出てしまうと思います、、、そんな時に便利なのが、TransformのLimitの設定です∠( ゚д゚)/

Transformは、Translate、Rotate、Scaleに制限を設定することができまので、今回は、TransformYに制限をかけて、スライダーが枠から飛び出ないようにしようと思います!

Limitの設定

制限をかけたいTransformを選択して「Attribute Editor」を表示し、「Limit Information」の項目を展開します。

次に、「Translate」の項目を展開し、「Trans Limit Y」のチェックをONにします。すると、最小値と最大値が設定できるようになります!

今回は、スライダの上と下の位置を調べてみると「-1.35~1.35」の範囲に制限をかけるとイイ感じでしたので、その値を設定します。

すると、この様にスライダーが枠からはみ出ず動かせるようになりました!

動かしてほしくない!っという場合「0~0」に制限をかけたりするのは、ややっこしいのでやめましょう!( ・ิω・ิ)

そういう時は、「Channel Box」で該当のアトリビュートを選び、「Lock and Hide Selected」をします。以下の様にTranslateY以外が動かせなくなり、表示もされなくなります。







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です