便利なSetを使いこなす!!




Mayaには便利な「Set」がありますが、皆さんご存知ですか!?結構使ったこと無い、知らない方が多いかと思います。

Set」を使うと、ツールの処理対象にしたり、一時的に選択を記憶させたりすることができます!(*´ω`*)b

モデリング中、目の周り、口の周りの頂点をSetにまとめておいて、素早く選択して調整したり、、、Playblastを分けて取りたい時にSetで擬似的にレイヤー化したり、、、セットアップ中に部位ごとにまとめておいて作業しやすくしたり、、、使い方は無限大です!

使わないなんてもったいない!!是非使ってみてください!!∠( ゚д゚)/

Setの作り方

まず、Setに登録したい「ノード」「コンポーネント」を選択します。次に、メニューから「Create → Sets → Set」を実行します。

ポリゴンの頂点を複数選んでSetを作成すると、以下のようになります!(`・ω・´)ゞ

Setのメンバーを選択する

Setを作成すると、登録したノードやコンポーネントをメンバーと言います。

作成したSetの上で右クリックし、メニューから「Select Set Members」を選びます。

Setを展開して、メンバーの一部を選択することも可能です!

Setのメンバーを編集する

作成したSetのメンバーを追加したり、除外したりするには、「Relationship Editor」を使用します。

メニューから「Window → Relationship Editors → Sets」を選び、以下のように使用します。

Setを削除する

Setを選択し「Delキー」で削除することができます。Setを削除してもメンバーは削除されませんのでご安心ください。

更に使いやすく!

便利なSetですが、Mayaのメニューだけでは、作成したり、メンバーを編集したり、選択したり、ちょっと手数が多いですね。。。(;´∀`)

AmaterasuにはSetを更に使いやすくするツール「Sets Manager」がございますので、是非使ってみてください!







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です