更新情報




ver 20190422

Amaterasu

起動時のスプラッシュウインドウの画像を変更するようになりました。(Illust by @ClamSun)

Select Animated Nodes

アニメーションしているノードを選択できるツールを追加しました。

Cycle Key

ループアニメーションの作成を補助するツールを追加しました。

Rotoscope

  • Viewportと一体化したデザインに変更いたしました。
  • カメラのリストで、作成したカメラと、デフォルトのカメラを分けて表示するようにいたしました。
  • イメージプレーンのアルファの設定を簡単に変えるボタン(0, 0.5, 1.0)を追加しました。
  • イメージプレーンのデプスの数値入力の範囲を無限にいたしました。

ver 20190210

Combine

ポリゴンのマテリアルが単一の場合は、ファセットアサインにならないようになりました。

Separate

各ポリゴンのマテリアルが単一の場合は、ファセットアサインにならないようになりました。

ver 20190120

Amaterasu

  • ヘルプにアクセスできないツールの問題を修正しました。
  • アップデートの通知を追加しました。
  • Maya2019に対応し、Maya2015の対応を終了しました。

Tool Manager

  • Amaterasuの、各ツールの情報一覧が見れるツールを追加しました。

ver 20181201

Amaterasu

  • アイコンをMaya2018のデザインに合わせて一新いたしました。
  • ウインドウのHELPメニューが見れない問題を修正しました。

Recovery Edge Type

  • Soft Edge、Hard Edgeが正しく設定できていない問題を修正いたしました。

Expand Mesh From UV

  • 展開したポリゴンが、原点でセンタリングされてしまう問題を修正しました。
  • 個々のポリゴンで比率を求めず、実行時に最初に選択されたノードを元に比率を求めるようにしました。

Select Crease Edges

  • 選択されたノードから、Creaseになったエッジを選択するツールを追加しました。

Select Hard Edge Shell

  • 選択された頂点・エッジ・フェイスから、ハードエッジで囲まれた範囲を選択するツールを追加しました。

Set Smooth Mesh Preview

  • 複数のノードのSmooth Mesh Previewの設定をまとめて行えるツールを追加しました。(Maya Catmull-Clark Controls向け)

Separate

  • 不要なノードを作成せず、元々の名前を引き継いでポリゴンをSeparateするツールを追加しました。

Combine

  • 最初に選択されたノードの、Smooth Mesh Previewの設定を引き継ぐオプションを追加しました。

File Manager

  • テクスチャが設定されていないfileノードがあった場合にエラーして使用できない問題を修正しました。
  • リストにファイルアイコンを追加しました。

Generate UDIM Preview

  • シーン内のUDIMを使ったテクスチャのプレビューを生成します。

Reload Texture

  • Mayaの機能で、テクスチャを更新した際に自動でリロードできるようになったためシーン内のテクスチャをリロードする機能のみに修正いたしました。

Sets Manager

  • リストアップされるSetsの内容を、最適化しました。
  • UIをリニューアルいたしました。

Insert Key

  • アニメーションがあるアトリビュートのみキーを追加するツールを追加しました。

Playblast

  • レイヤー機能を搭載し、表示する内容が違うプレイブラストをまとめて作成できます。

Auto Key Tangent

  • 廃止しました。

ver 20180117

Amaterasu

  • 一部の2017・2018で、「No module named PySide and PySide2.」と表示されご利用できない問題を修正いたしました。

Unfreeze Transformations

  • ポリゴン情報を元に、FreezeしてしまったTransformを元に戻すツールを追加しました。

Symmetry Mesh

  • 左右対称のモデルを元に、メッシュをミラーリング・フリップ・元に戻すツールを追加しました。

Sort Render Layer

  • レンダーレイヤーを、名前でソート(昇順)するツールを追加しました。

Sort Display Layer

  • ディスプレイレイヤーを、名前でソート(昇順)するツールを追加しました。

Open Crash File

  • Mayaがクラッシュした時に保存されるファイルを、素早く開けるツールを追加しました。

Render Layer Manager

  • メニューを整理しました。
  • Sort Render Layerと、Fix Render Layer Out Adjustment Errorsをメニューに追加しました。
  • Default Render Layerを表示しないように調整しました。

Poly Cleaner

  • 「Freeze Vertex」の設定が正しく保存されない不具合を修正しました。
  • 「Check Facets Assign」を、メニューに移動しました。

ver 20170929

Amaterasu

  • Maya2018に対応し、Maya2014の対応を終了しました。

Expand Mesh From UV

  • UVを元にメッシュを展開するツールを追加しました。

Recovery Edge Type

  • 法線の情報を元に、ハードエッジ、ソフトエッジを設定するツールを追加しました。

Copy Animation

  • 選択したノードのアニメーションをコピーするツールを追加しました。

Poly Cleaner

  • 頂点の座標を初期化するFreeze Vertexを追加しました。

ver 20170818

Amaterasu

  • 起動時に対するエラーがわかりやすくなるように修正。

Recalculation Node

  • すべてのノードを強制的に再計算し、Viewportの表示を正しくするツールを追加しました。

Remove Unknown Nodes

  • 強制的にunknownノードを削除するツールを追加しました。

Fix RenderLayer Out Adjustment Errors

  • 壊れたレンダーレイヤーを修復するツールを追加しました。(Maya既存のfixRenderLayerOutAdjustmentErrorsと同じです。)

Poly Cleaner

  • ファセットアサインされたノードを探す機能を追加しました。

Skin Weight Editor

  • 多数利用できない機能を修正しました。

Reload Texture

  • 多数利用できない機能を修正しました。

Display Color

  • Riggingメニューから、Displayメニューに移動しました。

ver 20170531

Reorder

  • 選択した順番で、Outlinerの並び順を変更できるツールを追加しました。

X-Ray Per Mesh

  • 選択したポリゴン・NURBSの、X-ray表示をON/OFFできるツールを追加しました。

Extract Face Per Material

  • 選択したポリゴンのファセットアサインされたマテリアルごとに分割できるツールを追加しました。

Select Each Nth Edges

  • 選択したエッジをN個飛ばしで選択できるツールを追加しました。

Stocker

  • 新規タブを作った時に、新しいタブに切り替わるようにしました。
  • タブをダブルクリックすると、タブ名をリネームできるようになりました。

Renamer

  • メニュー「Tool」に「Normalize Shape Name」を追加しました。
  • Joint Editor
  • Transform、Joint Orientをロックし非表示にするボタンを追加しました。
  • Transform、Joint Orientをアンロックし表示にするボタンを追加しました。
  • 末端のジョイントを選択するボタンを追加しました。
  • メニューに「Display」を追加し、以下のMaya機能のショートカットを追加しました。

ver 20150708

Amaterasu

  • Maya2016に対応しました。

Set Project

  • ヒストリーが正常に保存されない不具合を修正しました。
  • ヒストリーでダブルクリックすると、該当のパスをプロジェクト設定するようにしました。

Combine

  • 処理に失敗すると、Mayaの再起動が必要な不具合を修正しました。
  • Combine後のMargeのオプションを追加しました。

File Manager

  • ウインドウ上部に、フィルターボックスを追加しました。
  • 「Replace String」の処理を向上しました。
  • 「Replace String」の結果を、ScriptEditorに表示されるようにしました。
  • 「Replace String」の「Affected String」のデフォルトを、「Full Path」にしました。
  • 複数選択に対応し、まとめて処理できるようにしました。
  • リストの表示を、全て閉じた状態で表示するようにしました。
  • リストのアイコンを廃止し、表示速度を向上しました。
  • メニューに、「Update」を追加しました。

Sign

  • アトリビュートエディターのエラーを修正しました。

ver 20150101

公開しました