Retopo




概要

リファレンス サーフェスの特徴に基づいて新しいトポロジを作成することができます。

Maya2018、Maya2019で利用できます。Maya2020については、標準機能で可能です。

オプション

Target Face Count 目標とするフェイス数。
Transfer UV
UVを転送します。仕様上ヒストリーが削除されます。
ハードエッジにされたエッジは、形を保とうとします。