Maya2018 気になったところレビュー




Maya2018の気になったところをレビューしてみたいと思います!(`・ω・´)ゞ

3D人さんのBLOGでも紹介されています。

開発環境

Python

Pythonのバージョンは「2.7.11」、PySideのバージョンは「2.0.0~alpha0」で、Maya2017と環境が変わっていないようなので、ツールは問題なく動きそうです。

Amaterasuも組み込みでき、いくつか実行してみたところ問題ありませんでした(*´ω`*)

Plug-ins

Qtは「5.6.1」で、こちらもMaya2017と同じようです。Visual Studioは「Visual Studio 2015 Update 3」が必要とのことです。

ビューポート 2.0 のAPIが更新されたようなので、オレオレローケータがMaya2018用に調整が必要になりそう、、、?!

Maya2018のヘルプ「Windows 環境(64 ビット)」をみてみましたが、まだMaya Developer Kitがなさそうなので未検証です(;´∀`)

Legacy Viewportが消えた

デフォルトの設定では「Viewport 2.0」しか表示されない状態になります。

今までと同様にLegacy Viewportを使うには、環境変数「MAYA_ENABLE_LEGACY_VIEWPORT」を設定する必要があります。

起動用バッチファイルのサンプル

set MAYA_UI_LANGUAGE=en_US
set MAYA_ENABLE_LEGACY_VIEWPORT=1
"C:\Program Files\Autodesk\Maya2018\bin\maya.exe"

すると、従来のRendererが表示されます。

TKCM(@s_tkcm)さんありがとうございました!

MBファイルに下位互換性がなくなった

Maya2018で作成したMBファイルは、Maya2017などで開けなくなりました。過去バージョンで開くには、MAファイルにする必要があります。

MAファイルなら「Preferences」にある「Files/Projects」の「Ignore Version」にチェックがあれば、バージョン書き換えなどなく問題なく開けました!

Mentalrayは同梱されない

Maya2017からarnoldが同梱されるようになりましたが、Maya2018でも同様です。Mentalrayのダウンロードページを見てみましたが、まだ無いようです。(7/26現在)

同梱のArnoldではBatchレンダリング不可

Maya2017では、同梱版のarnoldでBatchレンダリングするとスカシが入っていましたが、Maya2018ではレンダリングできなくなりました。(Maya2017 update4でもできなくなった?)

Render Sequence」を使えば、一応シーケンスをレンダリングすることができます!

 







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です