ポリゴンとマテリアルの関係を素早く特定する!!




ポリゴンにアサインされたマテリアルの特定

質感付をしていると、このポリゴンのマテリアルを、このポリゴンにもアサインしたいなー!っと事ございませんか!?

そんな時、ポリゴンにアサインされたマテリアルを素早く特定する方法をご紹介したいと思います(*´ω`*)b

方法その1

マテリアルを調べたいポリゴンを選択し、HyperShadeのメニューから「Edit→Select Materials form Objects」を実行すると、アサインされたマテリアルが選択されます。

方法その2

マテリアルを調べたいポリゴンを選択し、HyperShadeから、以下のアイコンをクリックすると、Node Editorにマテリアルのコネクションを展開させることができます。コネクションされたノードを編集したいときには、一手間減らせますね!(゚∀゚)

マテリアルが使われているポリゴンの特定

次は、逆のパターンです。マテリアルが使用されているポリゴンを素早く特定する方法をご紹介したいと思います!

方法その1

使われているポリゴンを調べたいマテリアルを選択し、HyperShadeのメニューから「Edit→Select Objects with Materials」を実行すると、アサインされたポリゴンが選択されます。

方法その2

マーキングメニューからも同様に実行することができます。個人的にはコチラのほうがスピーディーにできるのでオススメです!







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です