PSでポートフォリオを作る時の注意!!




ポートフォリオを編集する時、Illustratorで作る人、PhotoShopで作る人、それ以外のソフトで作る人色々いると思います。

今回は、PhotoShopで編集している時に、せっかくの作品が台無しにならない為のトピックをご紹介したいなっと思います!(`・ω・´)ゞ

拡大縮小の注意

ページのデザインを考えて、画像を縮小したり、配置を修正したり、文章量を調整したりなかなか一発で固まらない時、「一度小さくした画像を、もう少し大きくしたい」っと思う時があると思います。

しかし、デジタルの画像は、1度小さくした画像をまた大きくすると画質が悪くなってしまいます。これでは、せっかくいい作品でも台無しです(´;ω;`)

配置したり色々調整している時に、ちょっと大きくしたいと思うたびに、縮小してしまった画像を削除して、オリジナルからやり直すのは手間ですし、時間がかかってしまいます。

そこで便利なのが「スマートオブジェクトに変換」です!

該当のレイヤーで右クリックし、スマートオブジェクトに変換を選ぶだけで作業は完了です。

スマートオブジェクトに変換すると、レイヤーのサムネイルにアイコンがつきます。

実際に作業してみると、Illustratorのようにできます!(*´ω`*)

拡大の注意

続いては、アンチエイリアスのかかっていない画像の拡大です。

なにも気にせず、いつもの様にやってしまうと「ボワっとした感じ」になってしまいます。

ここで重要なのが拡大・縮小するときの「再サンプル」のモードです。デフォルトでは、「自動」や「バイキュービック法」になっていますが、アンチエイリアスのかかっていない画像の場合は、「ニアレストネイバー法」がオススメです!

先程の画像をニアレストネイバー法でやると、このようになります!

ただし、拡大・縮小の比率が2倍・3倍など綺麗に拡大するときはうまくいきますが、中途半端な比率の場合は、かえって汚くなってしまうことがあります。