LambertをSurfaceShaderのようにする




木などアルファ抜きした、RGBマスク、Luminance Depthなど、Vrayなら簡単にパスがだせるけど今回使えない!Mentalray(Software)で、陰影をつけたくなくて、かといってSurface Shaderではな~っという時がちらほらあるかと思います。

そんな時に便利な、LambertをSurface Shaderのように使う方法です。

Lambertでのレンダリング例

Lambertでのレンダリング例

Lambertの「Ambient Color」を「」にして、「Diffuse」を「0.0」にすると、LambertをSurface Shaderのように使えます!

アトリビュートの設定

アトリビュートの設定

Surface ShaderのようにTransparencyもめんどくさくなく、とってもお手軽にできます!

完成例

完成例







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です