ポリゴンにスムースをかけた時にメリハリをつける方法!!




takkun
どうも!たっくんです!
約2mのくまさん人形のスネが避けた、、、(´・ω・`)

ポリゴンにスムースやスムースメッシュプレビューを掛けると、思った形にならなくてヌルヌルになってしまった!という事ございませんか!?

今回は、スムースやスムースメッシュプレビューをかけても、形にメリハリを付ける方法をご紹介したいと思います!∠( ゚д゚)/

Crease(Crease Edge)

Crease(Crease Edge)を適用すると、エッジが太く表示されてスムースをかけても角ができるようになります!メニューの「Mesh Tool → Crease」を実行し、固くしたいエッジを選び、「マウスの中ボタン」でドラックします。

エッジ単位でしかコントロールできなし、微調整もあまりできないので、作業段階でオススメな方法です!

エッジの追加

もう一つの方法は、固くしたいエッジの両隣にエッジを追加していく方法です!ポリゴン数は増えてしまいますが、壊れやすいCreaseの設定より安定するし、曲面のシワ消しをコントロールできたりするので最終段階の調整でオススメな方法です!(`・ω・´)ゞ

この作業は、モデリングの最終段階でやることをオススメします。これをやってしまった後は形状調整が、非常にやりにくい上にシワの原因になります!!

この方法の場合は、追加するエッジの距離で硬さを表現することができます!「曲面」と「ハードなモノ」の境目は、徐々に間隔を広げていとイイ感じになります!∠( ゚д゚)/







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です