QImageにQPainterで描画して保存する方法!!




takkun
どうも!たっくんです。

今回は、空のQImageにQPainterを使って描画して画像ファイルとして保存する方法のご紹介です!感覚としてはプログラムで絵を描く感じですね!(*´ω`*)b

コード

ポイントは、「QPainterのインスタンス作成時」「QPainter.beginの実行時」に、QImageのインスタンスを指定します!画像の保存は、「QImage.save」を使うことで簡単に対応した画像フォーマットで保存することが可能です!(`・ω・´)ゞ

from PySide import QtCore, QtGui
 
image = QtGui.QImage(720, 405, QtGui.QImage.Format_ARGB32_Premultiplied)
painter = QtGui.QPainter(image)
painter.begin(image)
painter.setBrush(QtCore.Qt.lightGray)
painter.setPen(QtCore.Qt.black)
painter.translate(360, 203)
painter.drawEllipse(-50, -50, 100, 100)
painter.end()
image.save(r'd:/test.png', 'PNG'))

コードを実行してみると、720×405のサイズの中央に円が描画されたモノがPNGで保存されます!







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です