パーツごとにワイヤーフレームの色を変える方法!!




takkun
どうも!たっくんです!
寒い日は、あったかい静岡茶でまったりリラックス(*´ω`*)

モデリング中、パーツごとにワイヤーフレームの色を変えたり、リグのコントローラの色を変えて見やすくしたいな!っと思うことはございませんか!?

Maya標準の機能で、色分けをする方法をご紹介したいと思います!(`・ω・´)ゞ

Wireframe Color

メニューの「Display」から「Wireframe Color…」を実行します。

このウインドウから設定したい色を選び、色を変えたいノードを選んだ状態で「Apply」をクリックするとワイヤーフレームや、リグのコントローラなどの色を変更することができます!また、元に戻したい場合は「Default」をクリックします。

 

2016以降から

Maya 2016以降から、インデックスカラー以外にも「自由に色を設定できる」ようになりました!インデックスカラーだけだとどうしても色がかぶってしまい中途半端な感じになりがちでしたが、RGBならバッチリですね!

プルダウンメニューから「RGB」を選ぶことでモードが変化します!

この方法ならDisplay Layerを使わずできるので、スッキリしたデータになりますね(*´ω`*)b







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です