ViewPortの変な表示を修正する!!




Mayaで作業していると、微小なシーン、巨大なシーンでは、表示がガビガビしたり、見えなくなってしまったりして、作業しにくいときがあると思います(´・ω・`)

そんな時の対処方法を、ご紹介したいと思います!

近接したモデルがガビガビする場合

ポリゴンとポリゴンが近すぎる場合、以下のようにガビガビしてしまうことがあります。

こんな時は、カメラ(Persp)をAttribute Editorで開き、「Near Clip Plane」の値を大きくします。ちょっとずつと言うよりは、10倍、1/10倍単位で設定するのがオススメです(`・ω・´)ゞ(以降同様です!)

近くのモデルが見えない場合

モデルが小さすぎる場合、以下のように手前が見えなくなってしまう事があります。

こんな時は、カメラ(Persp)をAttribute Editorで開き、「Near Clip Plane」の値を小さくします。

遠くのモデルが見えない場合

モデルが大きすぎる場合、以下のように遠くが見えなくなってしまう事があります。

こんな時は、カメラ(Persp)をAttribute Editorで開き、「Far Clip Plane」の値を大きくします。

Near Clip Plane」と「Far Clip Plane」の差を大きくしすぎない

「Near Clip Plane」と「Far Clip Plane」の差を大きくしすぎると、余計に作業しにくくなってしまうことがあります(;´∀`)

「Near Clip Plane」を小さくしたら、「Far Clip Plane」も小さくするなど、「Near Clip Plane」の値の「100000倍」くらいにしておくといいかもしれません!これは、デフォルトの接点範囲の倍率です。







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です