PYCファイルいらない!作らないで!




pythonをやっているとよく見かけるpycファイルがありますが、気にせず放ったらかしの人もいれば、こまめに消している人もいると思います。

pycファイルとは

importした時に、自動で出来上がるファイルです。tool.pyを読み込めば、同じディレクトリにtool.pycができあがる感じです。

このpycファイルをテキストエディタで見ても、人には読めない状態になっています。pyc

同じPythonのバージョンであれば、このpycファイルを人にあげれば実行できます。ソースコードを見せたくない時には、こっちをあげましょう(゚∀゚)b

あと、pyをimportするより、pycをimportする方が早いらしいです。でも、ツールの処理速度自体が向上するわけではありません。あくまでもimportにかかる時間だけ、、、(;´∀`)

そもそも作らない方法がある!

mayaの場合、マイドキュメントにある「userSetup.py」に以下のコードを記述して保存しましょう!(ない場合は、新規作成で)

import sys
sys.dont_write_bytecode = True

これで、Mayaでimportしたモジュールのpycが作られないようになるはずです!