Attribute Editorで値変更の便利な操作!!




Attribute Editorでは、色々なアトリビュートにスライダーが設けられていますが、細かい調整をしたい時に「動きすぎ!」なんて思いませんか!?

それ以外にも、スライダーがないところへの数値を直接入れながらいい感じの値を探るのは結構面倒かと思われます。

実は、Attribute Editorなど数値を入力できるところには隠された機能があるんです!

入力欄で、「Ctrl」を押しながら、マウスの「左」「中」「右」をドラッグするとスライダーのように値を変更することができます!どのマウスをボタンでやるかで「強弱が調整できる」ので、実は目に見えるスライダーより「便利」なんです!

Ctrl+マウス左ドラッグ

一番弱いモードで、細かい調整をしたい時に向いています!「1」とか少数でないところでは使用できません。

Ctrl+マウスの中ドラッグ

中モードで、すこしざっくり調整をしたい時に向いています!

Ctrl+マウスの右ドラッグ

強モードで、ざっくり調整をしたい時に向いています!







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です