Resolution Gateの色を変更する!!




以前書いた「View Portを増やして作業をやりやすくする!」では、新しいウインドウのView Portを作って作業をしやすくしました。

今回は、カメラに映る範囲「Resolution Gate」を表示して、完成イメージをしっかり確認しながら作業できるようにしていきます!

Resolution Gateの表示

View Portの上部に並んでいるアイコンで、表示のON/OFFができます。

Resolution Gateを表示すると、以下のようにカメラに映る範囲の枠が表示されます。

カメラに映らない範囲は半透明のグレーでマスクされますが、映らない範囲がちらちら見えて個人的にはちょっとイヤな感じです。

そこでマスクのカラーを変更して、より見やすい状態にしたいと思います!

Resolution Gateの色を変更

View Portに表示しているカメラをAttribute Editorで表示し、「Display Options」の項目を展開します。

「Gete Mask Opacity」でマスクの不透明度、「Gate Mask Color」でマスクの色を変更できます。以下は、不透明度が1で、色が黒の状態になります。

お好みに合わせて、作業しやすくなれば幸いです!!(`・ω・´)ゞ







Maya x Pythonの技術書
たっきゅんのガチンコツール開発部 Maya Python 101
(CG Pro Insights)

もっとMayaを便利に使いませんか!?実用性のあるツールを例にPythonが学べるように、がんばって執筆させていただきました!是非、この機会によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です