GeForece Experienceで画面のキャプチャ




リギのデモリールや、ツールのデモストレーションには欠かすことのできない画面のキャプチャですが、皆さんどのようにやっていますか?

僕は以前、無料のアプリケーションを使っていましが、録画できる時間の制限や、透かしが入っていたりして、ちょっと辛いものがありました(´・ω・`)

有料のアプリケーションを使おうかなーっと調べていたとろこ、GeForece Experience(ShadowPlay)で録画できることがわかって、ちょっと前から使うようになりました!

GeForece Experience

nVidiaのGeforceシリーズのグラフィックボードを使っていると、ドライバーと一緒にインストールされるアプリケーションです。

画面をキャプチャするには、いくつか設定が必要です。

まず、GeForece Experienceを起動したら、画面上の歯車のアイコンをクリックし、シェアをONにします。

すると、キャプチャなどの設定が「Alt+Z」でできるようになります。(これがPhotoShopのUNDOに重なったりして、けっこうウザイ、、、、)

「Alt+Z」を押すと、画面にオーバーレイで設定画面が表示されます。次に、歯車のアイコンをクリックします。

真ん中のリストから、設定したい項目をクリックします。

HUDレイアウト

ここでは、録画中に画面に色々な情報を載せるための設定があります。Webカメラを使っている人は、OFFに設定したほうがいいかもしれません。

キーボードショートカット

録画開始・終了、設定画面の表示など、ショートカットの割当を変更できます。僕は、デフォルトのままです。

録画

録画したデータの保存先を設定できます。好みのディレクトリに保存するようにしたほうがいいでしょう。特にSSDを使っている人は、HDDに保存するようにしたほうがいいと思います。

感想

実際に使ってみたところ、とくにストレスを感じなかったので、有料のアプリケーションを買うのをやめて、しばらく使ってみようかなっと思いました!

気に入っているところ

  1. Geforceのグラフィックボードを使っていれば、気軽に使える!(ノートPCはできないっぽい?)
  2. PCから出ている音を一緒にキャプチャできる!
  3. Webカメラの映像をリアルタイムで合成できる!(クロマキー合成などはできなそう)
  4. マイクの音声ものせられる!
  5. ハードウエアエンコーディング?なのか、負荷を感じない!
  6. Alt+F9で録画スタート、Alt+F9で録画終了っとシンプル!

ちょっと残念なところ

  1. マウスカーソルを目立つようにできない
  2. マウスをクリックした時に波紋とか、観ている人に操作を伝えにくい

最後に、サンプル?っ的な、録画開始してから、録画終了までの様子を載せておきます!(`・ω・´)ゞ